第6回『初対面のお見合いで何を話せばいいの?』について

皆さんこんにちは!
NOZZE加盟店ビーグルーヴの結婚カウンセラーYです。 

本日は、『初対面のお見合いで何を話せばいいの?』についてお話いたします。      
前回のお話はこちら→第5回『好ましい服装・身だしなみについて』お見合い編

最初に、こちらのブログをお読みいただいている方の中には、初対面のお見合いの席で無言になったり、お相手からの質問に対して淡々と返答しすぎたことで、あまりお相手の印象に残らないまま時間だけが過ぎてしまった・・・というご経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
『緊張して聞きたいことがあったのに聞けなかった』というパターンはまた別の章でお話させていただきますが、そもそも「何を話せばいいの?」「何を聞けばいいの?」とそこから悩んでいらっしゃる方は是非、参考にしていただけますと幸いです。

◆ご挨拶から話しやすい雰囲気作りを

  まずは、ご挨拶からご紹介します。
「はじめまして」「こんにちは」は嫌な印象を与えることがない反面、強く相手の印象に強く残るとまではいきません。
そこで、簡単なのにお相手の印象に残りやすい一言をご紹介します。

★気遣いの一言を添えてみる

気遣いの一言とは、
例えば
「はじめまして、今日は来てくださって有難うございます。
「はじめまして、ここまで迷わずに来れましたか?」
「はじめまして、今日は暑いですね」
「はじめまして、雨は大丈夫でしたか?」
この様に、最初のご挨拶で気遣いの気持ちが伝われば、その後の会話もスムーズです。

★自然に言えるように意識してみる

余談ですが、カウンセラーのYには接客販売の経験がございます。
そこで、いつも私が心掛けていたのが感謝の気持ちを込めた挨拶です。
ご来店されたお客様に対して「いらっしゃいませ」とだけ笑顔でご挨拶するよりも、例えば
「いらっしゃいませ、こんにちは!今日も暑いですね」
「いらっしゃいませ。お足元の悪い中、ご来店いただき誠に有難うございます」など

些細なことですが、ご来店いただいた感謝の気持ち+心からお迎えしている気持ちをお伝えしたいと思っていました。すると、必ずと言って良い程、お客様も笑顔でご挨拶してくださり、その後も雰囲気良く話すことが出来ていたことを覚えています。

お客様とお相手とはまた違いますが、相手は物ではなく人という点は共通しています。
「今日は時間を作ってくれて嬉しい、有難う。」という気持ちがお相手に伝わる様、笑顔で元気よく気遣いの気持ちを心掛けてご挨拶してみてください。

では、挨拶を無事に終え、いよいよ会話をスタートさせるのですが・・・
ここからは、意外とできていらっしゃらない方がいますのであえてご紹介いたします。

◆お相手とご自身に興味を持つ

まず、必ずお相手のプロフィールを確認なさって下さい。
なぜなら、そこには会話のヒントになる情報が沢山あるからです。
様々な理由があるにせよ万が一、事前準備をせずに当日お会いになられた場合、的外れな話題を話したりする可能性があるため、お互いがお話し上手でなければ会話が長続きしないという不安点が浮上します。

では的外れとは?
例えば
●相手が苦手だとプロフィールに記載している話題を一生懸命話してしまう。
●プロフィールに書いている事ばかり聞いてしまう(確認ではなく、質問形式で聞いてしまう) など
そのような状況が続くと、結果的に「何も見てくれていない」「どこに興味を持ってくれたの?」とあなたの本気度がお相手へ全く伝わらないという事態に陥る可能性が高まります。
もともと、緊張しやすく聞き役が合っているという場合での無言は別ですが、お相手の気分を害した場合の無言や、長続きしない会話はその場を楽しむことができません。

★ご自身に興味を持つ=自信に繋がる

あとは、ご自身に興味を持つと言った点では、必ずご自身のプロフィールに何を書いていたのかも確認してみてください。
せっかく質問して下さったのに「え?何のこと?」となれば、そこでやる気がないなど勘違いされ、一つのチャンスを失う可能性があります。
そもそもプロフィールとは、理想のお相手を含めた多くの異性に会員様を知っていただき、その後の出会いのチャンスを掴むための大切なものです。アピールポイントとして『ここだけは伝えたい・聞いてほしい!』という内容が記載されているはずですので、その内容をきちんと見て下さったお相手の質問に真摯に向き合うことで、そこから会話が膨らんだり盛り上がることで自信に繋がるのではと考えます。

◆質問は、お相手が答えやすい話題から

まずは、「土日がお休みですか?私も同じです」や「普段、お休みの日は何をされていますか?」 のような話題ですと、質問もしやすくお相手も答えやすいので次の質問に繋げやすいですよね。他の質問や、やりとりについては次の内容もよろしければ参考にしてみてください。

★更にお相手を知ることが出来そうな質問を

「プロフィールに書かれている○○ってどんなことですか?」
「映画がお好きなんですか?お好きなジャンルはありますか?」
「旅行がお好きなんですか?国内・海外どちらに行くことが多いですか?」
「最近、最寄り駅にプリンのお店がオープンしてとても流行ってるんです。ちなみに、甘いものはお好きですか?」
などお相手が甘いものが苦手でしたら、逆に食の好みを聞けるチャンスです。笑顔でやり取りいただくことでお相手の表情や、声のトーンから、自然と次の質問が浮かびそうですね!    

★ご自身の話を盛り込んだ質問を

一方的な質問ばかりだと、ご自身を知っていただけないと不安になる方もいらっしゃいます。
そんな時は
「私も旅行が好きで、○○がとてもおすすめなんですが、行かれたことはありますか?」
「運転するのが好きなんですが、○○さんはドライブはお好きですか?」
など、ご自身のお話を盛り込みつつ、様々な角度からお話することで分かってくることがあります。
                                     

例えば
✓好きな映画のジャンルが似ていた
✓おススメしてもらった映画、一度見てみようかな
✓食の好みが似ていて嬉しい
✓アウトドアが好きなら一緒に出掛けられそうだ
など共通点や、ご自身の考え方にも変化があるかもしれませんね。
また、食の好みなども覚えておくことで、次にお会いすることになった際のお店選びもしやすくなり、お相手も「話を覚えてくれていた」と良い印象を持って下さるでしょう。

★お仕事について

お相手のご職業については気になりますよね。しかし、最初から根掘り葉掘り質問攻めにするのはお相手を驚かせます。まずは、プロフィールに書かれていらっしゃる内容から会話を広げると聞きやすいかと思います。例えば、「○○のお仕事ってどんなことをされているんですか?」という質問から、お相手の返答次第で繁忙期や出張や転勤があるのかも自然に確認できそうですね。
くれぐれも、お相手からの発信がない限り、初対面で年収など金銭的なことを連想させる質問はお控えくださいね。

一通り話してはみたものの、やはり緊張してしまっている!どうしよう!?という方は次回の章にも続きますので続けてお読みください。

◆無言の時間が怖いと感じる場合

★無言を恐れずに

先程、お相手の気分を害してしまった場合の無言について触れましたが、緊張から無言になったらどうしようとご心配される方もいらっしゃいます。緊張は誰でもするものです。まずは真顔ではなく、笑顔を意識してください。ここで真顔だと「え?怒ってるの?」と勘違いされてしまいます。
自分からテンポよくお話するのが好き・得意な方も居れば、聞き役の方が好きで居心地が良いと感じる方もいらっしゃいます。要は、話してみないとわからないので、無言の時間が多少あっても気にして焦る心配はありません。

★全て話さなくても大丈夫

初回のお見合いで全て話す必要はありません。
また、あの話の続きが聞きたいなと思ってもらえると、次に繋がる可能性がグンとUPします。適度な距離感はとても大切ですよね。      

いかがでしたでしょうか?いくつかご紹介しましたが、自然に話せる雰囲気づくりとして、一方的な会話になっていないか?相手の話すペースに合わせられているかな?など、気遣いを忘れないことも大切です。

◆婚活相談から始めるならBe-Grooveへ!

私どもBe-Grooveは人材派遣会社として多くの企業様と求職者様を結び付けて参りました。
同時に、今まで培ったマッチング力やサポート力のノウハウを活かし、会員様としっかり向き合い話し合うことで将来の大切なお相手と出会うためのお手伝いをさせていただております!

婚活中、この人と会ってみたいなと思った方とお見合いができるのは、正直当たり前のことではありません。だからこそ、お会いできた時には真剣に且つ、楽しかった!もう一度会ってみたいなとお互いに思える様、その他心構えもアドバイスさせていただきますので、いつでもカウンセラーを頼って下さいね。素敵な出会いをより良いものにできれば幸いです。

まずは、無料相談から始めてみませんか?                            

次回は、『緊張で話が続かない時の気持ちの切り替え方』についてお話したいと思います。
最後までお読みいただき有難うございます。                                          

                              

無料パートナー紹介のお試し

運命の方との出会い
ご入会から運命の方との出会い、ご成婚までをBe-Grooveがサポートします。

婚活において結婚相談所に出会いを求める理由とは普段の生活では考えられない出逢いの多さと、身元が確かなお相手、結婚のプロが間に入る安心感ではないでしょうか。
人材サービス会社として培ってきた優れたマッチング力を活かし、本気で成婚を考える方をBe-Grooveの婚活アドバイザーがしっかりサポートいたします。
理想の結婚、幸せな結婚をBe-Grooveの婚活アドバイザーと一緒に探してみませんか?