婚活で会った人が好きになれない時にやりたい努力とは

こんにちは!ビー・グルーヴのブログ担当です。
今回は婚活で会えた人に対して、好きになれない…と思ってしまった時にやって欲しい努力についてお話します。
婚活は一期一会、そして相手の良い所を一つでも多く見つけるのが大切になる場です。
しかし、様々な理由で折角繋がった縁を捨ててしまいそうになることもあると思います。
そんな時一度立ち止まって、考え直して欲しいことがあります。
簡単に捨ててしまった縁が、後から「やっぱりあの時…」となって、後悔しないためにも、是非ともこの考えかたを身につけていただきたいですね。

婚活で会った人が好きになれない時にやりたい努力とは?

では、早速具体的なところを見ていきましょう。
婚活で面と向かって会うところまできた!でも、どうしても好きになれない…そんな時は?

〇相手の何が好きになれないか冷静に分析・折り合いをつける

まずはなぜ、相手に対して好きと思える気持ちが湧き上がらないのかを分析します。
理由は色々あると思うので、いくつか例を挙げてみます。

・顔や見た目が好みではない

婚活で実は一番ネックとなるのが、この見た目と顔に対しての考え方です。
やはりそれぞれに理想の顔であったり、理想の体型や身長というものはあると思います。
婚活で実際に見た目を重視して活動している人もいるので、この価値観も婚活の大切な判断材料になると思います。
しかし、それに振り回され過ぎてはいませんか?
人の見た目は確かに大切なものですが、それに伴って様々なその人の背景も、婚活では大切になってきます。婚活は文字通り、その先に結婚が控えています。なので、結婚生活を安心して送れる人こそ、結婚相手にふさわしいのではないでしょうか。

・収入に対して不安がある

やはりどれだけ綺麗ごとを言っても、お金は大切なものです。
そのため、お金の価値観や貯蓄に対しての考え方のすり合わせは大切なものとなります。
例えば、男性側の収入に不安がある場合、結婚後にどうやって生活していくかのすり合わせなどをすることで、将来への考え方や収入が低くてもどうやって切り抜けていくか対策を練ることができます。
収入に関しては、現在はさまざまな働き方や副収入などがあるので、二人で上手く資産管理をしていくのも大切です。

・性格が合わない気がする

どうしても人間ですから、合わない性格の人は出てきます。それが婚活相手であった場合は残念ですが、やはり合わない人ということで割り切らなければいけません。
しかし、合わないの中でもまだ改善の余地が少しでも感じられるのであれば、努力してみる価値はあります。
例えばですが、何でもストレートに物を言うのが苦手だという場合は、やんわりと何でも人に伝えられることの素晴らしさを褒めつつ、あまり自分ははっきりと物を言う人が苦手であると伝えて相手の性格を改善してもらうようにお願いしてみましょう。
相手も婚活ですから、何も言われたことを叩き返すような反応はしないでしょう。
夫婦になった際も、お互いの嫌な部分を話し合いながら折り合いをつけるのは大切なことです。
婚活の時点からそれができれば、怖いものなしです。

〇相手の良い所をどんどん探そう

婚活はある人が、「減点ゲームだ」と評して話題になりました。
ですが、減点ゲームにしては相手の嫌な部分を探すことになるので、マイナスなイメージばかりが蓄積して嫌な思いをしてしまいます。
逆に、相手の良い所を探す癖をつけることで、良い所に目がいって段々と相手に対して前向きな感情を抱くことができるようになります。

〇色んな経験を一緒に重ねていこう

それぞれ暮らしてきた環境や習慣が違うので、そのすり合わせは大切です。
婚活で食事だけになると、どうしても見えない部分も大きく、判断も難しいと思います。
相手を好きになれないのも無理ありません。
そこで、食事以外にも思い切って誘ってみましょう。
例えば相手の好きなものを一緒に好きになれば、共通の趣味がうまれて話が弾むと思います。
また、一緒に出掛けることで様々な場所で色んな状況を一緒に乗り越えることで将来のお互いのビジョンも見えてくるでしょう。

婚活で人を好きになることはあるの?

結婚が目的の男女が集まる場ではありますが、出会いがきっかけで恋愛感情を相手に抱くことも充分あり得ます。
実際に、婚活がきっかけで恋愛を重ねてゴールに至った夫婦も数多く存在します。結婚までは条件のみを見ていた筈が、色んなことを夫婦で乗り越えることで、段々と愛情が芽生えいつの間にかラブラブの夫婦になるという場合もあります。
相手の性格が余程自分に対して強く当たってきたり、酷い嫌がらせをするような人でなければ、段々と夫婦として愛情が芽生える可能性も高いので、是非とも踏み出す勇気を持って欲しいと思います。

婚活はどうすればいいの?

アプリが手軽だとは言いますが、アプリはどうしても相手の情報がはっきりしない場合もあるので、婚活には向かない場合もあります。
逆に、結婚相談所の場合は全て証明書を提出するようになっているので、相手の経歴や家族に嘘はありません。実は既婚者だったというトラブルも避けることができます。
自分の条件に合う方を探して貰えるサービスもあるので、自分でなかなか婚活の時間を取れない人にとっても便利ですよね。
結婚相談所は入会にもお金や証明書が必要なので、信頼できる人を探せるというメリットがあります。確実な相手を探したい場合は、結婚相談所に入る様にしてください。

婚活は相手を好きになる努力も必要

婚活は相手に求めてばかりでは進みません。
婚活に必要なのは、相手を好きになる・相手との将来を前向きに考える気持ちも大切なのです。
好きになれないからすぐに相手を振るのではなく、相手の良い面を見て前向きに捉えてお互いにすり合わせをして努力をするのが大切であり、良い相手を見つけるコツです。
夫婦生活になれば、お互いを尊重して協力することが大切です。
そういった基盤を作ったり、確認することも大切なのです。
婚活で会った人が好きになれないからといって、ずっと相手を好きになれない訳ではありません。夫婦になった後に好きになることもあるので、長い目で見ることも必要です。

無料パートナー紹介のお試し

運命の方との出会い
ご入会から運命の方との出会い、ご成婚までをBe-Grooveがサポートします。

婚活において結婚相談所に出会いを求める理由とは普段の生活では考えられない出逢いの多さと、身元が確かなお相手、結婚のプロが間に入る安心感ではないでしょうか。
人材サービス会社として培ってきた優れたマッチング力を活かし、本気で成婚を考える方をBe-Grooveの婚活アドバイザーがしっかりサポートいたします。
理想の結婚、幸せな結婚をBe-Grooveの婚活アドバイザーと一緒に探してみませんか?