婚活で高望みする心理と成功への近道

こんにちは!ビー・グルーヴのブログ担当です。

今回は婚活で高望みをしてしまい、なかなか婚活が上手くいかずに悩んでいる人へ、どうすれば成功の道へシフトチェンジできるか紹介していきます。

婚活は一生のことなので、もちろんシビアになるのは当たり前のことです。

しかし、あまりに条件を緩めることができずに婚活が難航する場合は、どのように考えを変えていけばいいのか具体的にお話していきます。

婚活で高望みする心理とは?

では、まずはなぜ高望みをするのかから分析していきます。婚活では自己分析はかなり大切になります。

○一生に一度のことなので相手に求め過ぎてしまう

婚活は一生に関わる重大な決定です。

その分皆一生懸命になりますし、やはり神経質になってしまいます。

そして、条件に関してもぞ分が結婚を望む相手の最上の条件を提示するのが当たり前になっています。やはり、一生に関わることなので、様々な妥協できない点があるのはわかります。

しかし、そのこだわりが原因で婚活が失敗続きになってしまうこともあるのを頭に入れておきましょう。

相手に年収から顔、身長、結婚歴、学歴、職業と求めることは果てしないと思います。しかし、あまりに求め過ぎて素敵な出会いを見逃してしまってはもったいないです。

まずはどうしても譲れない点を洗い出し、それを軸にして妥協できる点を探るのも良いでしょう。

○自分より上のスペックの人を探しがち

婚活をする中で、自分よりも上のスペックの人を探すのはオーソドックスになりつつあります。

やはり、男性に対しては収入や職業を重視して婚活する女性も多いですし、逆に女性に対して収入を求めて二馬力で結婚後も頑張ろうと考えている男性も多いのです。

そこで、自分よりも上のスペックを持つ人に憧れを抱いて婚活を申し込む人もいます。

その人と条件が合えばもちろん一番良いのですが、やはり婚活は自分のことを振り返って考えてみても同レベルの人、やや自分よりもスペックが良い人へ申し込みをすることが多いですよね。

あまりに格差がある相手に申し込みをしたとしても、上手くいく可能性は低いです。

婚活の中で、玉の輿というのはほんの一部の話であり、大体の場合は自分と同じくらいのスペックの相手と結ばれる人が多いのです。

○恋愛を相手に求めてしまう

婚活はあくまでも、結婚を目的にして出会うことが婚活です。

相手を好きになったり、お互いの距離を徐々に縮めていくのは恋活の方です。

婚活では、中には自分の理想の見た目や条件の人に出会えて、心から相手を好きになれる場合もあるでしょう。

しかし、大抵の場合は条件や結婚観をお互いに話す中で納得し、結婚に至るパターンが多いのも事実です。恋愛を求めて婚活に入るのは、危険と言えます。

○どうしても目先のことばかり見てしまう

例えば条件として、年収500万円の男性を求める人がいたとして、婚活をする際にすでに500万円の年収をもち、なおかつ自分の持つ条件をさらに照らし合わせるのは難しい話です。

婚活は結婚に焦ることもあるでしょう、しかし目先のことだけではなく、将来性も考えて婚活に挑むことをおすすめします。

将来的に500万円に辿り着く人も視界に入れるなど、自分の中で妥協することも大切になります。

恋活ではなく、自分の一生を委ねる相手を見極めるのが婚活であると自分に言い聞かせて婚活に臨むようにするといいでしょう。

妥協点を作ったり、相手に自分の理想になってもらうには?

では、実際に妥協点を作る際のポイントや、相手に自分の理想に変化してもらうためにはどういった話し合いをするべきなのでしょうか?

○たくさんの人と出会いながら徐々に条件を緩和してみる

誰とも会わない中で、条件だけを下げてしまうと出会いの幅を自分で狭めてしまうことになってしまいます。

まずは婚活をする中で、自分の条件を全て満たす人ではなく、自分が妥協できない点だけを満たしている相手と出会ってみてください。

実際に会って話をする中で、妥協点が見えてきて自然に条件を緩和できるようになるかもしれません。まずは相手を知ってみて、その中で「この人と結婚したい!」という気持ちに辿り着くことが、婚活成功への近道なのです。

○言い方を変えて相手にお願いしてみよう

自分の収入が不安定で、相手に働いてもらって一緒に家庭を支えたいというのも現在では普通のことです。しかし、言い方によっては相手に頼りないという印象を与えてしまいかねません。

そこで、相手には「自立しているパートナーと一緒に家庭を支えていきたいという夢があるので、できればずっと共働きで頑張っていきたい」と言い方を変えて、相手にお願いしてみるのもいいかもしれません。

○自分も選ばれる立場であるのを自覚しよう

相手に求めるのもいいですが、自分も同じように相手から求められているのだという自覚を持つようにしましょう。

相手にばかり求めてしまっては、婚活は上手くいきません。相手の条件や求めるものを自分なりに努力して、手にするようにしてください。そうして自分磨きをすることで、出会いの幅が広がりますし、さらに上のスペックへ進化することができます。

婚活する中で、自分磨きも同時進行するようにしましょうね。

○減点方式ではなく、加点方式で相手を見てみよう

減点方式で相手を見てしまうと、どうしても嫌な所を探すのに重点を置いてしまうので、相手にも嫌な思いをさせてしまいます。

そうではなく、相手の良い部分に目がいくように、加点方式で相手を見てみてください。そうすることで、段々と相手の良さがわかってくると思います。

婚活に迷ったら結婚相談所もおすすめ

婚活に難航し、自分がどのレベルなのかもわからないと悩んでいる人は、是非とも一度結婚相談所に入会してみてください。

そこで、結婚相談所の人から客観的に見た自分の価値や、どんなスペックの相手となら成婚しやすいかなどもアドバイスがもらえます。また、条件が合う人を紹介してもらえるので、結婚相談所に頼るのもいいと思います。

高望みは自分の幸せな未来を壊す行為!妥協点を探そう

結婚する中で、妥協できない点は誰にだってあるとは思いますが、全て妥協できないということはないでしょう。自分の中で、様々な人と出会う中で少しずつ自分の中で譲れる条件を探していくことが大切です。

自分が納得できて、幸せになれる結婚を目指して自分磨きをしながら婚活を頑張りましょう。

自分が高望みかわからない時は、一度他人に相談して客観的に見てみる時間も作りましょう。

無料パートナー紹介のお試し

運命の方との出会い
ご入会から運命の方との出会い、ご成婚までをBe-Grooveがサポートします。

婚活において結婚相談所に出会いを求める理由とは普段の生活では考えられない出逢いの多さと、身元が確かなお相手、結婚のプロが間に入る安心感ではないでしょうか。
人材サービス会社として培ってきた優れたマッチング力を活かし、本気で成婚を考える方をBe-Grooveの婚活アドバイザーがしっかりサポートいたします。
理想の結婚、幸せな結婚をBe-Grooveの婚活アドバイザーと一緒に探してみませんか?