恋愛できないし、人を好きになれない人の特徴

こんにちは!ビー•グルーヴのブログ担当です。

今回は恋愛できない•人を好きになれないと悩んでいる人について紹介していきます。

恋愛ができないと悩んでいる人は、一体何がネックになって恋愛ができないのでしょうか?

こうした自己分析も大切になるので、是非とも自分が当てはまるという人は一度自分を振り返ってみて下さいね。

恋愛できないし、人を好きになれない人の特徴とは?

では、早速恋愛できない・人を好きになれない人の特徴を紹介します。

○自己評価が高過ぎる・低過ぎる

実は人を好きになることは、自己評価にも通じているのです。

例えば、誰かに心惹かれた際に、自己評価が適切な人は自分がどうやって釣り合う為に頑張れば良いかと建設的な計画を立てて、相手に近付こうと努力します。

しかし、対して自己評価が高過ぎる人は、相手の欠点ばかりを見つけて「自分はこんなに完璧なのに、相手はどうしてこんなにいい加減なのだろう?」と思ってしまい、結果として相手を嫌いになってしまいます。

逆に低過ぎる人の場合は、「こんな自分が相手に釣り合う訳がない」とマイナスに考え過ぎて、相手を好きになること自体を諦めてしまいます。

どんな人にも好きな人に向き合うチャンスはありますし、自分には高嶺の花だと思う人には自分に自信が持てるように習い事を始めてみたり、自分の仕事の資格試験の勉強をしたりと自分磨きを頑張ることで向き合えるようになるかもしれません。

○自分の将来を楽観的に考えている

結婚は自分の将来に通じることです。もちろん事情があって結婚を考えていない人などは、自分の中の人生設計に結婚が含まれていないので、結婚をせずに計画的に生きていく方法を考えています。

しかし、結婚をする予定を組み込んでいるにもかかわららず、何の計画性もなく何となく「自分は結婚できるだろう」と楽観的に考えて、何もしていない人も同じです。

そういった人は恋愛をしても、結果として行き当たりばったりでうまくいきませんし、自分の欲を優先しているので人を好きになるよりも自分の予定を優先してしまいます。

そうした人は、どうしても人を好きになるよりも自分の楽しみが先に来るので、誰かを好きになって深く交流することもないでしょう。

○仕事が忙し過ぎる

仕事が忙しい故に、仕事に全集中してしまい恋愛を後回しにしてしまいます。

しかし、仕事は婚活をする中で自分の大きな武器になるために、安易に転職をしたり辞めたりするのはおすすめできません。

こうした場合は、忙しくても婚活を進められる結婚相談所に入ることをおすすめします。

結婚相談所は相談員が条件に合う人を紹介してくれるので、自分で探す手間も省けるので、忙しくても婚活を並行して進めることができるのです。

○責任が付きまとうのを嫌がる

結婚はやはりそれぞれが大きな責任と、共に人生を支え合って生きて行く義務が生まれます。

しかし、その責任や結婚の末に授かるかもしれない命を育む思い責任を嫌がる人は、結婚が先にある恋愛をすることができませんし、人を好きになっても「結婚したくないから…」とそれ以上進むことを躊躇ってしまいます。

確かに結婚は責任が付きまとうことではありますが、一緒に誰かと暮らして日々の小さな幸せを分け合うのはとても尊いことです。

責任の重さばかりに目を向けるのではなく、結婚の素晴らしい部分にも目を向けてみましょう。

○理想が高過ぎる

確かに自分の中に、相手への理想を思い描くことは大切です、それが軸で婚活が進んでいくので、人を好きになるのは大切なことだと言えます。

しかし、相手への理想が高過ぎると、逆に婚期はおろか好きな人すらできなくなってしまいます。

自分の中で絶対に譲れない条件をいくつか決めて、それ以外はある程度妥協することで好きな人ができるかもしれません。

理想はあくまで理想だと割り切って、まずは自分の中で絶対に譲れない条件を抽出してみましょう。

恋愛は結婚に絶対に結びつくの?

恋愛の末に結婚に辿り着くことに憧れる人は多いですし、恋愛を経ることで相手の長所も短所も知った上で結婚することができるので、そこは恋愛結婚のメリットと言えるでしょう。

しかし、恋愛結婚はどうしても恋愛の末に絶対結婚するという確約はありません。

なので、途中で結婚の夢が潰える可能性も十分にあるということです。

そうすると、自分の理想の年齢での結婚や、ライフステージを叶えることができなくなるので恋愛結婚のデメリットとして把握しておくことが大切です。

結婚を目指すなら結婚相談所に入ろう

結婚をゴールに考えている場合、恋愛できない・人を好きになれないと悩んでいる人は結婚相談所に入ることでその問題を解決することができるかもしれません。

人を好きになることはハードルが高いものの、結婚相談所の場合は自然と出会いの場を用意してもらえるので、出会いのきっかけを作ってもらえます。

すぐには好きという感情が分からずとも、相手と何度も会うことやデートをしてお互いを知ることで、少しずつ人に惹かれる感覚を得ることができるのです。

また、結婚相談所の場合は相談員がいるので、恋愛や結婚に悩んだ際には、プロフェッショナルに相談をすることができるので安心です。

人を好きになれないという人は、まずは出会いの場に慣れるためにも、結婚相談所に入りましょう。

人に真剣に向き合う気持ちを持つことが大切

どうしても責任の伴わない楽な関係や、人を好きになることを億劫に思って動き出さない人は、相手と真剣に向き合うことを嫌う傾向にあります。

そこで、相手と真剣に向き合う気持ちをまず持って、相手の良い部分を見つけながら自分が好きになれそうな部分を探していくことが大切です。

結婚相手を探すというのはハードルが高いという場合は、まずは人の良い部分を見つける練習から始めてみてもいいかもしれませんね。

婚活は何歳から始めたらいいの?

婚活はそれぞれのライフステージへの進み方で全く異なるので、明確に何歳から始めた方がいいというのはありません。

それに、婚活はあくまで縁なので早く始めた=良い相手に出会えるという訳でもありません。

自分を磨くことを忘れずに、相手に向き合いながら婚活を進めていって下さいね。

恋愛できない人、人を好きになれない人はいない

人を好きになることに高いハードルを感じていたり、自分が何を苦手に思って人を好きになれていないのかをまずは知ることから始めましょう。

必ず好きな人はできるはずです。

無料パートナー紹介のお試し

運命の方との出会い
ご入会から運命の方との出会い、ご成婚までをBe-Grooveがサポートします。

婚活において結婚相談所に出会いを求める理由とは普段の生活では考えられない出逢いの多さと、身元が確かなお相手、結婚のプロが間に入る安心感ではないでしょうか。
人材サービス会社として培ってきた優れたマッチング力を活かし、本気で成婚を考える方をBe-Grooveの婚活アドバイザーがしっかりサポートいたします。
理想の結婚、幸せな結婚をBe-Grooveの婚活アドバイザーと一緒に探してみませんか?