デート代の割り勘はありえないか?男女のデート事情

割り勘

こんにちは!ビー・グルーヴのブログ担当です。
突然ですが、デート代の割り勘についてどのように考えていますか?
その時々で食事代や交通費などを割り勘にすることはあるでしょうが、男女では割り勘に対する考え方が異なっています。
男性からしてみればこんな割り勘はアリと思っていても、女性からしてみれば「ありえない」と思われてしまうこともあるのです。
そこで、今回は男女で割り勘に関する考え方の違いをご紹介します。
最近は、男女のデート事情はどのようになっているのでしょうか?

■割り勘に関する男女別の本音

好きな相手とデートした時、支払いをどうするかといった点は男女どちらも気になる所でしょう。
男性または女性から、「今日は払うよ」と言われることもあるかもしれません。
しかし、毎回となると負担は大きくなるため、割り勘にしたいと考えるのは当然の考えでもあります。
まずは、男性・女性とで割り勘に関してどのように考えているか本音に迫っていきましょう。

・男性の本音

男性は、初めてデートする時はデート代を自分が全額出したいと思っている人が多いです。
デート代を全額支払うことで、相手の女性に対する意思表示になると考えているからです。
気前よく奢った方がカッコいいと考えており、特に好きな人とのデートであれば気を遣わせたくないと思うのが男性の本音になっています。
ただし、それはお金に余裕があるならです。
デート代は割り勘が良いと思っている男性のほとんどは、金銭的に余裕がないことを理由に挙げています。
また、長く付き合っていきたいからこそ、割り勘でいきたいという考えを持っている男性もたくさんいます。

・女性の本音

女性の本音としては、近年は初めてのデートなら男性に支払って欲しいというものが多いです。
しかし、毎回払わせる訳にはいかないことや、彼と平等でいたいという考えから気を遣わずにいられる割り勘が良いと考えている女性も多いです。
一方で、デート代を割り勘にするのは嫌だ・ありえないと考えている女性も一定数います。
その理由としては、女性は服装やメイクにお金をかけているからといったものや、彼にリードして欲しいからといったものが挙げられます。
また、男性は「好きな女性にはデート代を奢るのが普通」と考えている女性も少なくないようです。
というのも、男性は女性よりも収入が多いことはほとんどで、食事では食べる量も多いため、平等ではないと考えているのです。

■割り勘かどうかの考え方は年代によっても分かれる

割り勘にするかどうかは、年代によっても意見が分かれます。
ここでは、年代別で見た考え方をみていきましょう。

・20代~

20代の男女では、デート代は割り勘にしたいという意見が多いです。
それは単純に、金銭的な余裕がないことが大きな理由になっています。
ただ、どちらかが年上で収入が多い場合、無理のない範囲でもデート代を出してくれると嬉しいと考える傾向があります。

・30代~

30代になると、収入に余裕が出てくることから、割り勘でない方が良いという意見が男女ともに多いです。
特に男性は、毎回は金銭的に厳しくても、たまにご馳走してくれれば基本的に自分が支払いたいと思っている人が多くなっています。
女性は、無理のない範囲で男性から出してくれた方が嬉しいと考えている人が多いですが、金銭感覚を共有するために割り勘もアリだとする人もいます。
一方で、デート代は男性が出すのが当たり前と思っている女性も少なくありません。

・40代~

40代になると、割り勘にしようとは言いにくいものの、割り勘にする方が気もちも楽だと考えるケースが男女ともに多くなっています。
男性が払うべきだという女性の考えも少数派で、割り勘にした方が対等な関係でいられると考えているようです。
ただ、毎回きっちり割り勘にするよりは、たまにどちらかが奢ることがあっても良いと考えているのも、この年代の特徴です。

■その時々でどうするか決めるのが円満な関係を保つポイント

男女別・年代別でも、デート代の割り勘における意見は様々です。
年代が若ければ若いほど、金銭的な余裕がないため割り勘にするカップルが多いのが実態ですが、必ずしもそうだとは限りません。
デート代は男性が払って当たり前と思っている女性もいれば、男性もまた自分が払うのが当たり前とする人もいます。
それをどう考えるかは別にして、デート代は基本的に男性の方が多めに支払うのが好ましいという意見が一般的となっています。
特に、初回のデートは割り勘よりも男性に出して欲しい・出したいという意見が多いです。
ただ、当然ながらその人によって割り勘が良いかどうかといった考え方は異なります。
毎回男性が払うのが当たり前と考えず、その時々でどうするか決めることが大切です。
会計の場面では、支払う意思表示を出したり、相手に払ってもらったら別の形で気持ちを表したりと、割り勘にこだわらない気持ちの余裕も必要です。
相手が割り勘にしようと伝えてきた場合は、たとえ気が進まなくても快く承諾しましょう。
自分の分は自分で払おうとする気持ちを持って対応することが基本です。
逆に、相手が奢ってくれた場合は、お礼はもちろん「次は私が払います」というように、態度や口に出して感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。
心からの感謝の気持ちを伝えることで、奢った側も「また奢ってあげたい」と感じるものです。
割り勘そのものが対等というわけではありません。
デート代はこうあるべきという考えを持つのではなく、その時々でどうするか決めていくことが、円満な関係性を維持するためのポイントなのです。
年齢や立場などを踏まえて、自分たちにふさわしい形を見つけていくことが大切です。

今回は、男女別や年代別でみるデート代の割り勘の考え方について解説してきました。
デート代を割り勘にするかどうかは、男女別でも年代別でも異なります。
ここでご紹介した考え方はあくまでも一般論なため、付き合っている相手がそれと同じように考えているとは限りません。
その時々でどうするか決め、割り勘にこだわらない気持ちの余裕を持って対応しましょう。
自分と合う人を探したい、価値観が合うか心配という人は、結婚相談所に相談してみてください。
自分に合う大切なパートナー探しのお手伝いをしてくれます。

無料パートナー紹介のお試し

運命の方との出会い
ご入会から運命の方との出会い、ご成婚までをBe-Grooveがサポートします。

婚活において結婚相談所に出会いを求める理由とは普段の生活では考えられない出逢いの多さと、身元が確かなお相手、結婚のプロが間に入る安心感ではないでしょうか。
人材サービス会社として培ってきた優れたマッチング力を活かし、本気で成婚を考える方をBe-Grooveの婚活アドバイザーがしっかりサポートいたします。
理想の結婚、幸せな結婚をBe-Grooveの婚活アドバイザーと一緒に探してみませんか?