販売職の人材派遣に強い、ビー・グルーヴ

  1. HOME
  2. お仕事をお探しの方
  3. お知らせ
  4. 子持ちの主婦でもコールセンターで働けるか

子持ちの主婦でもコールセンターで働けるか

1

 

こんにちは!ビー・グルーヴのブログ担当です。

今回は子持ちの主婦でもコールセンターで働けるかどうかについて紹介していきます。

子育ての為に一度職を離れ、再び復職したいと考えても、子どもがいても再就職できるのかと不安になりますよね。

それでなくても、社会から離れていた間に落ちてしまった体力や勘が取り戻せるのか、不安になる事でしょう。

コールセンターであれば、体力を必要としない為に復帰のハードルも多少低くなります。

 

では、実際にコールセンターに子持ちでも働けるのかどうかについて考えて行きましょう。

 

 

子持ちの主婦でもコールセンターで働けるの?

では、早速本題に迫っていきましょう。

子持ちの主婦でもコールセンターで働けるか否かについては、基本的には可能となっています。

先ほども書いたように、コールセンターの仕事は体力を伴わない仕事です。

 

ですから、特に体に負担をかける事もありませんし、対面ではない分ストレスも多少は軽減されます。

 

職場は非常に人数の多い職場なので、様々な人が集まります。

同じように主婦をしている人、学生、独身でバリバリ働く人など、自分と同じ境遇や、違う境遇の人とも触れ合えるのは良い刺激になると思います。

 

社会復帰をしたいと考える女性の多くが、孤独感を口にしています。

その孤独感も、職場で仲間と言葉を交わす内に徐々に解消されていくでしょう。

 

 

こんなメリットが!コールセンターで子持ち主婦が働くメリットとは

コールセンターで子持ちの主婦が働く事には様々なメリットがあります。

ここでは具体的に得られるメリットに関して紹介していきます。

 

 

〇時間帯が自由に選べる

コールセンターは、企業が営業している時間帯から好きに何時間働くか決めて働くやり方や、場所によっては24時間運営の場所で、24時間好きな時間帯から働く事もできます。

 

ですから、例えば子供を預かってくれる場所を見つけ、その時間帯のみ働いたり、夫が家に帰ってきてから働きに出るなどの様々な働き方を選ぶ事ができます。

 

 

〇子育てに関して相談ができる

コールセンターには、様々な年代の人が集まります。

社会復帰できるか不安だという人もたくさんいますし、同じように子育てに奮闘している人ももちろんいます。

 

ですから、休み時間や帰り際に様々な育児や家庭の悩みの相談・情報交換ができます。

先輩ママさんの話を聞けるのはかなり心強い事ですよね。

 

 

〇短時間でも働ける

主婦にとって一番問題になるのが、労働時間と出勤日です。

他の職種になると、なかなか週2~3日、働ける時間が3時間程度などになると、なかなか採用してもらえません。

仕事を探すだけでも主婦にとっては大変です。その点、コールセンターは週2~でもOKだという所や、短時間勤務でも構わないという所が多いです。

 

自分の都合の良い時にのみ働けるのは、忙しい主婦にとってもかなり助かりますよね。

 

 

〇子育て支援を行っている企業では手厚くサポートしてもらえる

企業によっては子育て支援を行っている企業も増えて来ており、子どもの急病やトラブルがあった際には、帰らせてもらえる所もあります。

 

コールセンターは人数が多い職場なので、多少の人数の変動には寛容な職場もあるのです。

どうしても主婦で働いていると、子どもの都合で動かなければいけない時が多いので、こうしたすぐに抜けられる職場というのはありがたいですね。

 

 

〇綺麗な言葉遣いを学べる

何歳になっても、学ぶ事は大切ですし、子どもがいる人にとっては保護者同士の関わり合いも大切になってきます。

 

また、子どもの役員などに選出された際なども、先生や他の保護者の前に立って話をしなければいけない場面も増えます。

そうした時に、きちんとしたビジネスマナーを学んで立ち居振る舞いを知っていたり、言葉遣いが丁寧である事で、信頼を集める事ができます。

 

コールセンターで正しい言葉遣いやビジネスマナーを身に付けられるのもメリットと言えます。

 

 

 

コールセンターで働く上で起こる可能性のあるデメリットは?

では、次にコールセンターで働く際に起こる事が予想されるデメリットについてです。

 

 

〇残業が発生する事がある

コールセンターは対面の仕事ではありませんが、電話でお客様とお話をする職種です。

ですから、お客様がどのタイミングで、どんなお話をするかは予測できません。

就業時間間際に電話を取って、そこから対応に追われて残業になってしまう事もあるので、そういった点には留意しておきましょう。

 

 

〇人数が少なく、休みにくい職場もある

たまにお客様の数などによって、コールセンターと言ってもかなり少人数で現場を回さなければいけない所もあります。

そういった所では、休みも取りにくく、何かトラブルがあった時も抜けにくいという難点があります。

入る際に職場全体の人数を確認しておく事は大切です。

 

 

〇お客様の対応次第ではなかなか抜けられない

子どもの急病やトラブルで抜けなければいけないとなった時も、お客様の対応中に突然抜けるのは難しいですよね。

お客様対応のタイミングによっては、すぐに仕事を抜けられない可能性も出てきます。

 

 

〇お客様からのお叱りの言葉を受けるのが辛い

部署によっては、お客様が抱えた不満や、商品の不備によって溜まったストレスをぶつけられる可能性もあります。

そういったお叱りの言葉や怒っている相手の対応が大変、顔を合わせない為に相手がどれだけ怒っているか判断できずに不安だという人もいます。

 

 

安心して、子持ち主婦でも働けるコールセンターを探すには?

働く場所によって、待遇も働きやすさも違うと感じて頂けたでしょう。では、安心して子持ちでも生き生きと働ける職場に行くにはどうしたらいいのでしょうか?

 

それは、ビー・グルーヴに登録し、ビー・グルーヴの派遣として職場に行く事です。

 

ビー・グルーヴはその人の希望に沿った職場の紹介を第一に考え、子どもを持っていても安心して働き続ける事のできる職場の紹介を行っています。

自分で探し、苦労せずすんなり入職できるのも大きな魅力です。

是非ともビー・グルーヴを利用して、自分に合ったコールセンターで働きましょう。

 

 

子持ちの主婦でもコールセンターで活躍はできる!

子持ちだからと遠慮したり、不安になる必要はありません。

コールセンターで活躍する事は可能なので、是非ともビー・グルーヴに登録し、コールセンターで自分らしく輝いて見ましょう。

 

お仕事情報はこちらから検索!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://be-groove-job.net/

© Be Groove Corporation. All rights reserved.